ネット麻雀ブログを初めて思うこと

最近私はネット麻雀ブログを始めたのですが、
いままでとは違って自分の闘牌している様子を客観的に
見ることができます。

gyuoguyoi

そして改めて思うことができました。

まったく他の情報がない状態で五萬と九萬を比べると九萬の方が安全というのはわかると思います。
ここに捨て牌という情報が入ってくるだけでこの2つの牌の安全度はまったく逆転することもあります。
では具体的にはどのような場合があるのかを説明させていただきます。
今回はひとつの判断基準をご紹介するというものでそれ以外にも判断基準となる要素は
たくさんあるので麻雀をして上達していってください。

具体例で説明していきます。
4巡目で対面の五萬が切れて15巡目で九萬が切れた場合。もちろんツモ切りではない場合です。
この場合4巡目の段階で五萬を切っているにも関わらず九萬を15巡目まで引っ張ったことになにか理由があるはずです。
ある程度早い段階で真ん中の牌を切る時に考えられることとしてその牌が手牌の中で完全に浮いてる。
萬子を捨てて絶一門の状態にしたい。染めたい。などといろいろあると思いますがまず一つ言えることは4巡目で五萬がいらないから捨てたということです。

逆に九萬は必要と感じたから15巡目まで引っ張ったということです。
ということはこの場合のこの段階では対面に限って五萬そばの四萬、
六萬より九萬そばの八萬の方が危険度は高いということになるでしょう。

これらのことは麻雀をはじめる際には
覚えておかないといけないことですので
何回も読んで覚えておいたはずなのですが
今まですっかり忘れてしまっていました。

麻雀ブログを初めてよかったなと思ったりもしています。
なんだかんだといってトータルで見てみると圧倒等的に負け続けなのですがね。
こんなに偉そうなことを言っておいて。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ