おとくケータイ評判についての考察

新規には優しく、既存にはそれなりに。
上の言葉は、あるスポーツ選手の不倫が報道された時にネットで見かけた書き込みだ。
妻と愛人の扱いの違いを携帯電話キャリアの端末購入時の料金プランになぞらえたこの言葉に私はいたく共感し、笑ってしまった。

私は携帯電話を持ち始めてからずっと同じキャリアを利用している。
約2年毎に携帯電話を買い替えているが、店舗で携帯電話のサンプルに貼ってある新規購入と機種変更の2種類の料金を見るたびに苦笑する。
新規購入なら頭金が無料なのに、機種変更だと5千円位の頭金を支払うのが当たり前。
MNPが開始されてからはもっとひどい。

これらのことを考えるとおとくケータイの評判がなぜ高いのかが
よくわかるというか伺える。

乗り換えには優しく、新規にはそれなりに、既存はぞんざいに。
乗り換えの客は、端末一括0円や数万円のキャッシュバックなど、とんでもない大盤振る舞いだ。
しかし既存の客は、サポート割があるとはいえ、機種変更時には数千円の手数料や頭金を支払うのは変わらない。
一応、ちょっとした割引も用意されているが、月額基本料のかかるサービスを幾つか入らなくては利用できない。
しかも、そのサービスを利用中だと割引は適用されない。

4~5万円もする高機能な機械を数年で買い替えようとする事が間違っているのかもしれないが、
同じ携帯電話を購入するのに、数万円も金額に差がつくのはあまりにもおかしいのではないか。
誰でも携帯電話を持っている事が当たり前となり、客を増やそうとすると他の携帯
電話キャリアから乗り換えて貰うしかない。

その考えは理解できるが、それなら今いる客も大切にするべきではないだろうか?
それどころか、基本プランや月額サービスは改定する度に値上がりするし、ポイント等の割引は少なくなっていく。
長年同じ携帯キャリアを利用してる客なんて、今更どんな扱いをしようとも乗り換えなんてしないだろう。
そう考えるとしか思えない。

MNPが開始されてから何度か乗り換えを考えたが、家族間通話無料を捨てて1人だけ携帯キャリアを替える事ができなかった。
しかし、無料通話アプリが普及した今、次に機種変更する時は、本格的に乗り換えを検討するかも。

おとくケータイの評判をしっかりと確認しておくことが大事だというのがよくわかった。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ